茶製造技術開発と香り分析 未来への期待 ・製造工程管理の自動化 ・お茶の香りをデザイン ・育種選抜での利用 ・成分量と香りの質との関係 においをかがなくても、香りを表現できる ・高性能センサーの開発 お茶の香り変化の途中経過が分かる 香水の香りにはさまざまなベースがあり、リラックス効果も高い「お茶」もその1つ。グリーンティーや緑茶、紅茶の爽やかな香りや、ホワイトティー(白茶)のほのかに甘く優しい香りは、日本人の感性とも相性抜群。「万人受けする」といっても過言ではない香り。 生姜入りのお茶を販売しようと考えています。お湯に溶かして飲むタイプのものです。 体が温まって肌に良いという旨の効能を謳いたいのですが、次のような表現は問題ないでしょうか? 「生姜パワーで体ぽかぽか。肌が内側から明るくなります」 お茶本来の香りを十分引き出すためには、お湯の温度がとても大切。 100℃の熱湯を使うと良いのが「玄米茶」「ほうじ茶」。 煎茶は旨み成分を引き出すため70℃~80℃、旨み成分をじっくり引き出したい「玉露」は50℃位の低温でゆっくりいれるのが基本。 、どうしてほしいの?とお茶の樹と 対話しながら育てた茶葉を、一番最適な(美味しさも香りも一番良い)状態に揉み上げた新茶です! 昔から「高級茶 屈指の名産地」と呼ばれる静岡・川根で栽培されたブランド “川根新茶” 例えば『香り』の表現。 体系化されているように見えて、『 臭』『 の香り』の に入る語句はなんでも良いのです。 食品では複数の香りが組み合わさっています。 個人の感覚で『 のような香り』と表現するしかありません。 食感も同じですよ。 できるだけ分かりやすく表現すると 「サントリーの烏龍茶と濃い目の麦茶を混ぜた感じ」 が近いと思いました♪ 最初は濃い目の状態で飲んでいたのですが、2煎目あたりから「ちょっとお湯を足してあげると香りが立っておいしい!」と気づきました。