埼玉県 さいたま市見沼区 蓮沼 の地盤のデータ、地震発生確率です。地盤種類はローム台地。揺れやすさ(表層地盤増幅率)は1.65。液状化しにくい地盤。震度5弱以上の地震が99%の確率で発生。

「さいたま市地図情報」でハザードマップを確認できます. 液状化とは、地震の揺れによって地盤が液体のようにドロドロになってしまう現象のことです。 ドロドロになると、道路や建物など地盤に支えられていたものがバランスを崩して傾いたり沈下したり、他にも様々な被害を引き起こします。 郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第二庁舎2階南側. 住所:〒330-9588 さいたま市浦和区常盤六丁目4番4号 電話:048-829-1111(代表) ※さいたまコールセンターにつながります。 「さいたまコールセンター」は新型コロナウイルス感染症による影響により、電話が繋がりにくくなることがあります。 都市整備部 都市整備政策課 . 郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第2庁舎1階. 電話:048-830-5527. 液状化の被害予測 埼玉県地震被害想定調査 「平成24・25年度埼玉県地震被害想定調査報告書」で、『相対的な液状化しやすさ』と『5つの想定地震ごとの液状化予測結果』を確認することができます。 以下に、上記報告書から液状化の想定に関する部分を抜粋したものを掲載しています。 さいたま市浸水(内水)防災マップ さいたま市土砂災害ハザードマップ さいたま市地震防災マップ. さいたま市は比較的液状化し難い土地のようですが、西側の断層帯にかかった地区では液状化も起こりやすいということになっています。 今回報道された茨城との県境の埼玉県久喜市南栗橋地区はマップ上で液状化が懸念されている土地にあたります。

液状化とは、地震の揺れによって地盤が液体のようにドロドロになってしまう現象のことです。 ドロドロになると、道路や建物など地盤に支えられていたものがバランスを崩して傾いたり沈下したり、他にも様々な被害を引き起こします。

都市整備部 建築安全課 震災対策・構造指導担当 . 平成25年度さいたま市被害想定調査(平成26年3月策定)より想定される地震として、さいたま市直下地震、東京湾北部地震、関東平野北西縁断層帯地震 の3つがあげられます。これらの地震における震度分布を示したマップ(揺れやすさマップ)を作成しましたので公表します。

さいたま市浸水(内水)防災マップ さいたま市土砂災害ハザードマップ さいたま市地震防災マップ. ファックス:048-830-4887 ファックス:048-830-4880

電話:048-830-5310. さいたま市土砂災害ハザードマップについて さいたま市地震防災マップ 平成25年度さいたま市被害想定調査(平成26年3月策定)より想定される地震として、さいたま市直下地震、東京湾北部地震、関東平野北西縁断層帯地震 の3つがあげられます。 「さいたま市地図情報」でハザードマップを確認できます.