ひな祭りパーティーのメニューと言えば…イメージするのは、やっぱりちらし寿司! ひな祭りに食べるちらし寿司は、ひなちらしなんて呼ばれていますが、回転寿司チェーンやコンビニ、大手スーパーなどでは、ひなちらしを販売するようです。 昨日はひな祭りでしたね。みなさんのお家はお雛様、飾ったのかな?うちの実家はもう何年もお雛様見てません。ひな祭りというと、昔から家でちらし寿司&はまぐりのお吸い物を食べたことを思い出します。今は食べれなくなったけど、なつかしい母の味です。 ひな祭りが近づいています。女の子の節句だけに、華やかな雰囲気で気分がウキウキ盛り上がりますよね。ひな祭りのお料理と言えば、ちらし寿司!子どもが喜ぶちらし寿司のレシピを7つご紹介します。なぜひな祭りにチラシ寿司を食べるの?ひな祭りは、女の子の

いろいろな具材を手軽にグリルで同時調理をします。彩のよい華やかな仕上がりはおもてなしにぴったりです。管理栄養士など食の専門家によるレシピです。美味しく料理を作れるコツ・作り方をぜひお試しください。【レシピ出典:東京ガス「食」情報センター】


なぜひな祭りに「ちらし寿司」や「ひなあられ」を食べるようになったのか、不思議に思ったことはありませんか? ひな祭りと食べ物の関係について、日本文化にまつわる書籍を多数執筆されている日本の文化・歳時記研究家、広田千悦子さんに伺いました。 ひな祭りの習慣として「お菓子」「食事会」など、「グルメ」が上位を占めました。では、ひな祭りに欠かせないお菓子や食事とは何でしょうか。堂々の人気ナンバーワンは「ちらし寿司」(55.3%)でした。「3月3日の夕飯は、ちらし寿司を作る。 「ひな祭りフェア」は2月25日(水)号webガイドでご覧いただけます。 ※WEBガイドがご覧になれない方は、 PDF(2,200KB) をご利用ください。 ※都合により、イベント内容等が変更になる場合がございますので、予めご了承ください。 今回は、関東で、大人も子どもも楽しむことができるひな祭りイベントを紹介します。 古くから、日本の伝統行事として知られているひな祭り。女の子の健やかな成長を祈って、ひな人形を飾り、ちらし寿司などでお祝いをする行事として現在でも毎年行われている行事です。