(写真1)アメリカの絞首台 1.アメリカの場合 アメリカでは絞首台の様式がイギリスから輸入された当時の姿を留めています。 現在でも刑務所の屋外に設置され、死刑囚は階段を登っていく方式になっていま … アメリカで死刑囚が処刑される場面に立ち会った日本人の新聞記者がいたなんて、驚きです。アメリカでは、死刑囚の家族だけでなく、被害者の遺族の立ち会いも認められています。窓を通して、死刑囚が死んでいく様子の一部始終を見守るのです。 本稿では、日本における死刑の概要、歴史を述べる。 日本は死刑を法定刑のひとつとして位置づけている。 その方法は絞首によると規定されている(刑法11条1項)。. 絞首刑は残虐な刑ではない~というのが日本政府の見解だが、それはカーテン越しに見た(?!)結果であることが、保坂展人議員らの視察の結果、明らかになった旨東京新聞が12月12日付特報面で伝えた。絞首刑の場合、体が飛び跳ねたりして正視に耐えないことがあるという噂を聞いたりする。 死刑を廃止した国では、重犯罪者には終身刑や懲役100何年とかの刑が言い渡される。 終身刑とかの場合は、仮釈放なしなど日本の無期懲役には無いような制度もある。 上記以外の州では今でも死刑制度がある。 アメリカの死刑 ・ガス室