オランダ式風車, ... ダリウス式風車. 風車(ふうしゃ、かざぐるま)は羽根車に風を受けて回転し、風力から動力を得るための装置。 発電・製粉・風速計などに使われる。 「かざぐるま」と読むと、羽根車に柄を付け、風の力で回して遊ぶ玩具も含まれる(風車 (玩具)参照)。. 発明者の名前から名付けられました。円筒を縦に2 オランダといえば風車と色彩豊かな花畑を思い浮かべますが、オランダにはその他にもたくさんの魅力的な世界遺産があります。アムステルダム市内は運河に囲まれ、オランダの水の都とも言えます。また、オランダ自治領キュラソー島の港町ウィレムスタット市内もまた世界遺産の一つです。 平成芭蕉の世界遺産~オランダの原風景「キンデルダイク」の風車を訪ねる 今年は新型コロナウイルスが世界各地で猛威をふるっているため、開催は不明ですが、例年であれば5月の第2土曜日は、オランダで年に1度の「風車・水車の日」として、風車に親しむ日なのです。 発明者の名前を採ったもので新しいタイプの風車です。 羽根は2~3枚を使用し風速の数倍以上の風速度で回転するため、風力発電に適しています。 サボニウス式風車. 風車の活用もされている。オランダを代表する風景として風車がある。風車は干拓地をつくる際、排水の動力として使われていたが、19世紀になると 動力ポンプによる排水が行われるようになったため、現在は観光用として使われている。