遠投スピニングタックル 半島周りで、使いやすく飛距離も出るタックル。 スピニングタックルは、キャスト時の指にかかる負担を軽減するためカゴは軽め(8〜12号)の物がおすすめです。 カゴ釣りは飛距離が重要視されるため、飛距離が出やすいスピニングリールが使われます。ベイトリールはスプール(糸を巻いている部分)を引きながら糸が出るので飛距離が出にくいので、スピニングリールのほうが適しているのです。 遠投カゴ釣りは青物狙いから大物狙いまで幅広いターゲットを狙えるのが楽しみでもあります。今回はスピニングリールとベイトリールを取り上げてそれぞれの活きる条件や特性についてご紹介していきた … 最近ようやく100m以上の遠投カゴ釣りが出来るようになったのでタックルなどを紹介します。 両軸リールだと簡単なのかもしれませんが、私は敢えてスピニングリールに拘ってみました。 カゴ釣りでは、主に遠投が容易に行える中・大型のスピニングリールが使用されます。中でもボディに対して大きなスプールを備えた「遠投リール」は、遠投カゴ釣りの必須ア… 4号6m20cmの竿を使って、15号56gのカゴで60~70m。風によっては80~90mぐらい飛びます。65gだと+10mぐらいです。スピニングの+10mぐらいですね。飛ばす人は70gカゴを使って100~130mぐらい飛ばすようですが、僕の飛距離はこれぐらいです。 ・飛距離の目安.