各サイトで登録されたパスワード一覧はGoogleのパスワード管理サイトからも確認できますが、一覧をエクスポートしてCSV形式ファイルで保存も可能です。. パスワードだけは別にエクスポートしてインポートする必要ありです。 (2018/09/13追記) この記事はChrome バージョン60のときの内容です。 現行バージョン69では少し方法が変わっているので、新しい記事にしています。 そこで本記事では、Chromeで保存したパスワード一覧をCSVで抽出する方法を紹介します。 国内外のWebブラウザシェアランキングにおいて1位を獲得し続け、高いユーザー評価を得ているChrome。 今回の記事ではこの「Chrome」のパスワードのエクスポートや、インポートの方法について … パスワードを表示、削除、またはエクスポートします。 表示: ウェブサイトの右側にあるパスワードを表示 をクリックします。パソコンをパスワードでロックしている場合、パソコンのパスワードを入力するよう求められます。 最新版 2018年1月版のChromeで保存しているパスワードはインポート・エクスポートできる!はこちらをどうぞ。 2017年11月版のChromeで保存しているパスワードはインポート・エクスポート エクスポートしたブックマークのhtmlファイルを選択し、「開く」をクリックします。 すると、このようにブックマークがインポートされます。 Google Chrome の使い方と設定はこちらをご覧ください。 Chromeのブックマーク・パスワードなどの設定は、エクスポートを行いファイルにすることで他のChromeに同じ設定をインポートして移行することが可能となっています。この記事ではChromeのブックマークなどの設定をエクスポートする方法について説明しています。 パスワードをエクスポートしておけば、パスワードやIDがわからなくなった時にパスワードを再設定しなくてもパスワードとIDを参照できます。 Microsoft Edgeでインポート. Windows セキュリティのエクスポートするための許可メッセージが表示されるので、WindowsのユーザーIDとパスワードを入力し、"OK"ボタンをクリックします。PINコードを利用したい場合は、"その他"をクリックしてアカウントを選択するとPINコードが入力できます。 Windows10の利用者が増加とともに、デフォルトのブラウザ Microsoft Edge の利用者も増加しています。 ChromeよりもEdgeの方が高 …