朝起きて目覚めのコーヒーやお茶を1杯、朝ご飯の後に1杯、会社では常に机にコーヒーカップや湯飲み茶碗を置いている。そんなライフスタイルの方は意外と多いのではないでしょうか?コーヒーやお茶には利尿作用のあるカフェインが含まれています。 コーヒーを飲むとおなかがゆるくなるので、便秘の人が下剤としてコーヒーを服用することもあります。 ほかにもコーヒーは胃腸や肝臓に負担をかけています。利尿作用もあるので腎臓にも何らかの働きかけをしています。 「コーヒーやお茶には利尿作用があるから…。」というような表現をよく聞きますが、利尿作用って結局いいことなんでしょうか。悪いことなんでしょうか。なんかイメージ的には有害物質を排出してくれそうな気もするし、逆に大事な栄養素も コーヒーを飲むだけで”逆効果”とまで言うのは大げさかもしれません。でもコーヒーに含まれるカリウムを100%体内に取り込もうというのも無理な話のようです。 # 実はもう1つ、利尿作用を持つ意外な黒幕がいます。それは引用元の記事の中で。 コーヒーには利尿作用 があり、トイレが近くなる傾向にあります。 これは面倒ではありますが、 健康面を考えた時にデトックス効果( 体の コーヒーの利尿作用は確かに顔のむくみをとったりする働きもありますが、摂り過ぎれば肌が乾燥してしまいます。 アンチエイジングに良いからと、飲むタイミングを考えないで飲んでしまうと、胃を悪くして美肌どころではなくなる可能性もあります。 コーヒーという飲み物には、高い利尿作用があります。 だから、飲むとすぐに尿意を催すのです。 カップに1杯や2杯飲むくらいであれば、それほど大きく頻尿に影響することはありませんが、あまりにも大量に飲むと、トイレが止まらなくなってしまったりします。 僕が仕事する中でひどい ... •カフェインの利尿作用によりトイレが近くなること •仕事でトレイに行けない状況下ではその時間を見据えて控えること.