「dura-ace」 は贅沢品?「105」で十分?アップグレードするにはどうしたらいいの?そもそもコンポとは?シマノコンポーネントの特徴を元自転車屋がわかりやすく説明します! シマノ(日本) カンパニョーロ(イタリア) スラム(アメリカ) 自転車界のコンポメーカーとして有名なのが、上記の3社。世に出回っている9割以上のロードバイクは、これら会社のパーツを使用してい … 1週間前にsram rival10速と、シマノティアグラ4700の10速のミックスコンポがついに完成しました。チェーンを付けただけなので、変速調整はあまりして… 2大コンポメーカーのカンパニョーロ、シマノを複合させたミックスコンポをシマニョーロと言いますが、元々は互換性がないパーツを組み合わせる為、改造は自己責任&保障の対象外となるそうです。メーカーは他社コンポとミックスさせる事を推奨して ロードバイクの3大コンポーネントのシマノ(shimano)、カンパニョーロ(campagnolo)、スラム(SRAM)の各パーツ重量と価格を一覧表にまとめて比較します。パーツはクランク、シフター、ディレイラー、カセットスプロケット、チェーンです。 必要最小限コスパ優先で、シマノとスラムのお手軽ミックスコンポで組もうと思い、互換性の有る物を以前から情報収集していて昨日海外通販でゲットしました♪ . シマノ、カンパニョーロ、スラムはそれぞれ変速の操作が違います。そこで、スラムの変速操作を紹介します。一つの動作でシフトアップとシフトダウンができる独特の操作感はレース志向のユーザーに人気があります。 今迄よりギア比を軽くする為にカセットはシマノの11-34tから同じくシマノの11-36tへ、 8速から1枚増えて贅沢に9 カセットスプロケットは10tトップながらもシマノhgカセットボディ対応なので、廉価なハブを採用したホイールでも問題ないでしょう。 もうMTBの主導権は握っているはずなのに、スラムは慎重ですね(苦 …