タイガーエア台湾は機内がすいていれば最高ですね。 でも就航2日目なのにガラガラなのは 撤退しないか不安もありますが・・・ 機内食が安いと思わず買っちゃいますよね。 かつての春秋航空国内線が安いので 思わず買っていましたが、どんどん値上げして タイガーエアの機内食がおいしそうで、乗ってみたくなりました! CAさんの制服もカッコイイですね。 私は沖縄に住んでいるので、LCCを利用することが多いのですが、ちょっとイレギュラーがあるとドキ … タイガーエアはエアバス320でもちろんモニターなし、座席は狭いといえば狭いけど、二時間半程度なら問題なし。 爆睡してたので、機内での写真はなし。 両替はいつも現地空港の銀行でしているけど、今回はSonyBankWALLETのvisaデビットでATMから引き出し。 lcc・タイガーエア台湾で高雄に向かいます。 定刻通り、出発となりました。 今回、lcc・タイガーエア台湾の機内(内装やシート等)について、まとめました。 前回はこちら。 lcc・タイガーエア台湾で成田空港から台湾・高雄へ【2019年5月・台湾旅行】1 台北駅の地下ロッカーに荷物を入れたら早速朝食へ♪この前行った行列のできる朝食屋さんもいいけれどこの日は日曜日。より一層混んでいそうだなと思い鼎泰豊に決定。mrt忠孝復興駅のsogo地下2階のお店へ。ここは朝10:00からやっているのでちょう 台湾へ就航しているlcc(格安航空会社)は沢山ありますが、中でも最近注目しているのがタイガーエア台湾。台湾の会社ということもあり、caさんは全員台湾人!機内食もすべて台湾料理だったりと、まさに搭乗した瞬間から台湾気分が味わえるんです。 フライト ~サービス・機内食~ 機内についてまず感じたことが、「キレイ!」の一言。 往路のスクートは内装がボロボロで、他にもアジアのlcc(日本・韓国を除く)は内装に力が入ってないところが多いので、タイガーエアも同じ感じかと思って搭乗してみると、最新の設備で清潔感溢れていました!

行き:運賃 14,100円+追加料金(預け荷物15kg・機内食)3,780円; 帰り:運賃 12,100円+追加料金(預け荷物25kg・機内食・座席指定)3,900円+空港税・空港施設使用料3,419円; タイガーエア台湾の予 …