ヘチ釣り、落とし込み釣りは、アタリを竿とライン(道糸)の微妙な動きで合わせます。そのため糸の見やすさは重要です。白(透明)や黄色など、いろんなラインがありますが、私が一番見やすいと感じたラインを紹介します。目視しやすいラインはこれ! シーバスで使うラインの色について、目を閉じふと考えてみると、 けっこう何気なくいつも選んでいるラインのカラーも色と釣果に因果関係はあるのかとか、 普段気にはなっていてもそれほど シーバスの釣果に対してラインの色が影響がするとは思ってもいないのが事実。 道糸の色は魚に警戒されますか?ぶっこみ釣りや投げ釣りの置き竿スタイルで使う道糸って何色が良いですか?そんな道糸に関する考え方を紹介しています。個人的には釣果にあまり関係がないと考えているので、意外と気軽に選んでますよ。 バスフィッシングにおける、ラインの色と、それが釣果に与える影響の話です。バスにラインは見えているのか、ラインが見えたら釣れないのか、ラインが見えないことによる問題などについて考察してい … チニングに最適なラインをお届けするこのコーナー。 チヌ (黒鯛)をルアーで釣ることから生まれたチニングはプロアングラーが考案したものなのでそれこそラインはpeがあたりまえでした。 でもチニングが誕生する前からあったチヌ (黒鯛)を狙うフカセなどはナイロンが主流でした。 基本的な道糸(ライン)は、一昔前ならナイロン一択でしたが、近年はpeラインも普及し、これも含めて基本となりまし。道糸の選択基準は素材、太さ(号数)、強力(強度)、色(カラー)ですが、ここでは初心者さんが選ぶべき汎用性の高い道糸を紹介します。 チヌの目印を使った落とし込み釣りではナイロンラインを使用しますが、目印なしのときはPEラインがメインとなっています。 最近のPEラインはかなり進化していて、本当に気に入っているラインを紹介したいと思います。 チヌ( クロダイ )釣りのライン「 釣り糸( 道糸 )紹介と通販情報 」,チヌ( 黒鯛 )釣りについて、フカセ釣りや紀州釣りの魅力や釣り方のテクニックと必要な釣り具や釣り用品、魚料理レシピなどの情報を公開しています。