チヌとも呼ばれるクロダイをルアーで釣るのがチニングと呼ばれる釣りです。クロダイをルアーで釣るにはどういうことに気をつけなければならないのか?どういうルアーを使うのか?タックルや釣り方・攻略法などをまとめて紹介しています。 チヌ (黒鯛)のルアー釣りに乗っ込みの時期がやってきました。長くけわしい冬を乗り越えやっと皆様の待ちに待った春の産卵期の到来です。正確なチニングで有効な乗っ込みに入ったか見極める水温からポイントと気になる仕掛けまで一緒に勉強していきましょう。 冬(12~2月) 水温が低くなる冬は、クロダイの活性が低くなり動きも悪くなります。 ... フナから始まりバス・シーバスのルアー釣りや筏のチヌに船釣りなど様々な釣りを楽しんできました。 一生楽しめる趣味と言えばやっぱり魚釣りですよね。 Twitter; Facebook; YouTUBE . 釣りダネ♪人気の記事. チヌの落とし込み・ヘチ釣りを ルアータックルとワームのフォールで食わせる釣り方 。 要するにチヌ落とし込み釣りを、専用タックルなんて持ってないよ!ルアーでやっちゃえ~!という事なのです。 チヌは岸壁沿いで待ち構えているのであまり岸壁から離れた場所を狙っても効率が悪い。できるだけ的確なキャストで岸壁を狙うか、テクトロという足元にルアーを垂らして糸を出して5メートルほど歩き、そのあとは糸を出さずにゆっくり歩けば足元の岸壁を引いてくる事ができる。 また、冬に釣れるチヌが一番栄養を蓄えていて美味しいと言われていますので、釣れた際は是非持ち帰って食べてみましょう。 出典:visualhunt. まとめ. チヌという魚をご存知ですか?昔から港湾や河口での釣りのターゲットとして親しまれていて、釣りの世界では絶大な人気の魚です。そんなチヌですが、タックルとルアーの進化により人気のルアー釣りの魚として浮上し、この釣りを「チニング」と呼んで爆発的な人気を呼んでいます。 チヌと呼ばれるクロダイをルアーで釣る「チニング」。少し前まではチヌと言えば「フカセ釣り」というイメージを持たれる方も多かったと思いますが、今このチニングにハマる釣り人が急増しています。そこで本記事では チヌ(クロダイ)は基本的に1年中狙うことができる魚種です。初心者でも釣りやすく良型が釣れるのがトップシーズンの3~5 明るい時間帯はチヌからルアーの姿や人間の姿が丸見えですからね、そう簡単に口を使ってはくれないんですよ。しかし、ナイトゲームよりは難易度が高くなるデイチニングゲームですが、 釣り方や使うルアーを工夫することでコンスタントに安定した釣果を得ることができるようになります �