アイドリングは一般的に1000rpm位で一定の回転数で安定しているのが正常な状態ですが、エンジンに何らかの問題が発生すると、アイドリング時の回転数が上がったり下がったりするなどを数秒の周期で繰り返したり、突発的に極端に回転数が低下するなどの症状が発生することがあります。 トラックドライバー自身、アイドリングをすることには罪悪感があり、できるならばエンジンは切って休憩したいと思うところではある。 しかし、それでもトラックドライバーにはエンジンを切れない「事情」があるのだ。 q トラックアイドリング駐車騒音に困っています ここ何ヵ月間、ほぼ毎日午前中に緑ナンバートラックがマンション前にてアイドリング駐車をしています。 アイドリング時にエンジンが「ブルブル」振動する7つの原因と対処法 公開日:2015年10月29日 更新日:2018年11月15日[ エンジン , 故障と修理方法 ] 車のエンジンを始動してシフトを「Dレンジ」で停止しているときに…車がブルブル振動しますか? アイドリング回転数は、許容回転数の10%前後の回転数かと思います。 以前、EKシビックタイプRに乗っていましたが、無負荷時アイドリングは800rpmでした。 しかし、エアコン等作動時は1150±50rpm(整備マニュアルより)でしたので、 では作業です。 ↑まずはエアークリーナボックスを外し・・・・ ↑空気の吸入量を調節する「スロットルボディー」を取外し・・・ ↑こちらがスロットルボディー」です。 と、いうわけで「アイドリングの制御をしている部品(isc)」を交換します.