現在ドコモ光をv6プラス対応の高速Wi-Fiルーターが使える GMOとくとくBBで利用している場合に、一つ気になることがありました。. IPv6へ切り替えても肝心のルーターが対応していなければいつまでも低速のままになってしまいます。 IPv6で繋げるのniftyが良さそうね(´・ω・`)ドコモ光niftyにするか — 下忍と落ち武者のRen( ∩'-'⊂ ) (@nyanmaru753) 2018年2月28日. @nifty光では、IPV6利用して快適なインターネットが楽しめそうですね。 クソ遅くて使えなかったnifty光だけど、v6プラスの接続方法に切り替えたら、下り1メガ~10メガが500メガが200~500メガになった。うせやん。爆速やん。 参考 @nifty光は高速回線 最大1Gbps。さらに「V6プラス」対応だから、高速・サクサク快適インターネット! IPv6&v6プラス対応ブロードバンドルーターへ変更. まとめ. インターネットが「遅い」と感じたことはありませんか?今回は人気プロバイダ@niftyから提供されているニフティ光の「IPv6オプション」というサービスについてのご紹介です。実はこの「IPv6」というサービスは、速度が遅い!を解消してくれる画期的な次世代通信サービスです。 光コラボのなかでも豊富なラインナップでプロバイダが選べるドコモ光。今回はドコモ光のタイプBにラインナップされた@niftyとのコラボ「@nifty with ドコモ光」がターゲット。気になる料金や回線速度のこと、口コミも交えて探ってみました。 ドコモ光のプロバイダ「@nifty」。 タイプAプロバイダなので月額料金はタイプBより200円安くなります。 @niftyは、通信速度の大幅な向上が見込める「v6プラス」を提供しています。ただし、その対応ルーターを「@nifty」が用意していないので、初期費用が発生してしまいます。 この通信は本当にv6プラスで通信することができているのだろうか、ということです。. 以上で「ドコモ光×ニフティ」の評判や料金についてまとめる …