ST-44 で ... スプールフリーのクラッチボタンも右手のみで操作できるのは、50T、50WT、バイキング、と筏 ... ただスプールのベアリングはステンレスじゃないので毎回水洗いしないと錆び付きます。

右はベースになったバイキングst-44、1984年登場です。 なんたって値段が違う。st-44の4980円に対し、極50は28500円。いくら削りだしで、ベアリングも使ったからといっても、この値段に抵抗がある人 … バイキング筏44」の弱点を克服する!? 筏用片軸リールの最も底辺に位置づけられる標記リールですが、そのぶん本体価格が安く、換えスプールも1,000円ちょいで入手できます。 「バイキング筏44」の関連記事を他のブログから探す 「バイキング筏44」を全てのブログのタグから探す Posted by オムラム at 2010/04/18 バイキングを使われていた方でしたか! チヌ筏用はひとつもっているんですけど、たしかに回転性能など、進化っぷりはすごいですね。 息を吹きかけるだけでスプール回りますもんねw 日本独自の進化と遂げたリール…仰るとおりだと思います。 土曜日,2012年2月11日、脳幹出血を受傷。左片麻痺、運動失調障害、知覚障害、複視&眼振等の後遺症あり。退院後も車椅子生活を送りながら、自宅でのリハビリを。そして、2014年の春には遂に、仲間に支えられて筏釣行も叶いました。 (今はバイキング筏44として継続) でも、これ以降、ダイワはバイキング極、シマノは青波巧などの高級リールを次々出して 百花繚乱といった状態。 この手のリール、元は名人 瀬川彦次氏が下向き左巻きリールとして筏かかり釣りに使って ダイワ(Daiwa) リール バイキング筏 44 タイラバ専用ベイトリールの第2弾。 『誰にでもマダイが釣れるタックル』をコンセプトにリリースした第1弾の紅牙ICSは、 常に水深と巻き上げスピードが確認できるICカウンターを搭載して好評を博した。