バルトリン腺の体験者の話を検索したところ、 妊娠前後に何度も何度も発症して、そのたびに 驚くべき早さで自壊させている、 その道のプロというような人のブログがでてきた。 その人は、バルトリンを「バルさま」と呼び、 「バルさま降臨!!」とおもしろおかしく書いている。 私は食い バルトリン腺嚢胞は治療を終えて数年後に再発する可能性があります。 嚢胞は再び治療することができ、嚢胞が頻回に再発する場合には、バルトリン腺を完全に除去する方法もあります。 医師に相談するための質問 ・膣唇に腫れがあります。 それはバルトリン腺嚢胞である可能性があります� バルトリン腺と一生付き合っていかなければならないのだろうか…。と悲しい気持ちになるのですが、40歳を超えるとあまり腫れなくなるそうです。(なぜだか聞き逃しました) あと、最近興味深いサイトをみつけました。 こだいら漢方堂HP 膿が出るときは痛みはありませんでした バルトリン腺嚢胞を漢方で自壊する . 恐らく膿が入った袋が破れ、あの辺り一体の皮膚の下へ膿が流れ込み、一番皮膚の薄かった所から出てきたんでしょう.

また、膿の出口はバルトリン腺の穴ではなくかなり前の方からで、しかも患部とは反対側でした.