PowerPointの初心者が覚えておきたい基本的な使い方、よく使うショートカットキー、立ち上げ~出力までをご紹介します。実際に架空の資料を作る想定で一つずつ操作を説明しておりますので、実践として学べることができます。 公開日: 2010/01/31 : 最終更新日:2014/12/05 Windows小技 ショートカットキー, ブラウザ, 文字サイズ変更, 画面拡大, 画面縮小 ブラウザでウェブページを閲覧していると、文字サイズが大き過ぎたり小さ過ぎたりすることがあります。 この状態で、「Alt」ボタンを1回だけ押すと、そのアイコンに割り当てられているショートカットキーが表示される。 今回の場合、「画面表示拡大」は「4」、「画面表示縮小」は「5」が割り当てられた。 ショートカットの使い方. [Ctrl]+[+]/[-]キーは、スライドショーの最中にスライドの一部を拡大、縮小できるショートカットキーです。やや複雑なスライドなどでは、画面の一部を拡大すると見やすくなります。 エクセル・ワードにおいて【ズーム:拡大・縮小】するショートカットキーは以下の通りです。 {Ctrl}+{マウススクロールボタン(上下)}{Ctrl}キーを押しながらマウススクロールボタンを上下に動かすと拡大(↑)・縮小(↓)になります。非 パワーポイントでは表示倍率を拡大したり、縮小したり、変更することができます。どのような場合に利用するかというと、プレゼン資料を作成する場合など、表示を拡大して細かい作業したり、表示を縮小してスライド全体のバランスを確認したりする場合などに便利です。 Google スライドのキーボード ショートカットを使用して、プレゼンテーション内を移動したり、書式を設定したり、編集したりすることができます。 パワーポイントの「ショートカットキー」が時短のカギを握る! PowerPointを使うと、視覚効果の高い見栄えのするプレゼンテーション資料を作成できますが、スライド作成に熱中するあまり、完成までに時間がかかりすぎて困るという声がしばしば聞かれます。 この記事に記載されているショートカットは、このバージョンの PowerPointでのみ使用できるショートカットキーのみです。 ショートカットをすばやく見つけるには、検索を使用します。 Ctrl キーを押しながら F キーを押してから、検索語句を入力します。 パワーポイントには、便利なキーボードショートカットがたくさん用意されています。知っておくと作業の効率を上げることができ、ストレスなくスライド作成を行うことができます。 ここでは僕がよく使うショートカットを、使う順にランキング形式でご紹介したいと思います。