Hemidaらの報告では、サウジアラビアでヒトコブラクダ310頭、ヒツジ100頭、ヤギ45頭、ウシ50頭、ニワトリ240羽について中和試験による抗体保有状況の調査を行った結果、ヒトコブラクダのみにおいて90%(280頭)と非常に高い陽性率が示された 2) 。 ちなみにヒトコブラクダとフタコブラクダが交配すると、子どもはヒトコブ半ラクダとなります。 ヒトコブ半ラクダとさらに交配したら一体どうなるのか…?残念ながらヒトコブ半ラクダは子孫を残せません。 ライガーのような一代限りの存在みたいです。 ラクダは現在でも大切な使役動物で、フタコブラクダはヒトコブラクダと同様、b.c2,000~1,800年頃には既に家畜化されていたとも言われている。 砂漠地帯では特に有益な動物で、トルコより東のイランやカスピ海沿岸、中央アジアやからモンゴル高原などに分布している。 アフリカに渡ったのが、ヒトコブラクダ 北アメリカのラクダは、絶滅している ヒトコブラクダとフタコブラクダの子は、1.5コブになる可能性がある コブの中に栄養となる脂肪を蓄え、少しの食糧で数カ月の間、過酷な砂漠で生きていけるラクダ。 今回は、アフリカ北部から中東・西アジアに生息していた ヒトコブラクダ と、中央アジアに生息する フタコブラクダ がいる動物園をまとめました。 ラクダには、広く知られているように2種あり、ヒトコブラクダ Dromedary は北アフリカ、南西アジア、インドなどで多数飼われている。 野生のものはいない。フタコブラクダ Bactrian Camel は中央アジアで飼われており、ゴビ砂漠には野生のものが数百頭生息している。 MERSのラクダからヒトへの感染は現在も続いているshutterstock.com MERS(中東呼吸器症候群)コロナウイルスの感染収束の道筋が、まったく見えない。 WHO(世界保健機関)は、5月31日までに報告されたMERSコロナウイルスによる感染者は1180人、死者は483人(致死率40%)…(1/2) ひとこぶラクダは、北米でも観光用に導入されています。もともとラクダ先祖は北米が原産とされ、それが南米に渡り、アルパカやリャマになり、ユーラシアに渡ったものが今のヒトコブラクダ・フタコブラクダだと考えられています。