僕はブライン液で、鳥・豚・牛・羊(ラム)でいくつかの種類の料理で試しましたが、どれも好評価です。 ラムチョップの料理と豚の生姜焼き、あとは今回の激安ステーキ肉が美味しかったなぁ。 ブライン液はもともと塩水を表す言葉で、ブライン凍結などは船上で魚を捕獲して零下の濃塩水の中に入れ魚を瞬間的に凍結する方法などの呼び名としても用いられるほどです。一口に言いますと塩水の中に数時間から数日入れておいて調理をする。ということです。 1 ブライン液は、どうして鶏肉や豚肉、牛肉などのお肉を柔らかくできるの?; 2 長ネギのタンパク質分解酵素を利用すれば、お肉がより柔らかく!. ②ブライン液で肉に水分を補充しよう! ③ブライン液の割合は水100cc、砂糖10g、塩5g.

2.1 手軽にできる鶏もも肉の唐揚げの下味; 3 鶏胸肉を使用する場合は、切り方を工夫するとさらにおいしく! そして、「ブライン液」で調べてみると、塩水だけではないようですね。 「ブライン液」って知ってますか? 私が見た情報ではブライン液という液が、塩だけだったり、 これに砂糖も入っていたりと2種類見つけたんです。 ブライン液は水100mlに対して塩と砂糖を5gずつ加えて作るのが基本。ジップロックなどの袋に材料を入れ、よく混ぜてからお肉を投入してください。今回は100mlのブライン液を作ることにしました。 読みたいところへジャンプする. これでジューシーな唐揚げの下準備は完璧です! ただし、ジューシーへの最大の敵は実は…『揚げ方にあり』な … 激安ステーキ肉もそこそこ食えるレベルまでにはなりました.

1、ブライン液を作る。 液が染み込みやすくなるように竹串で鶏胸肉に穴をあけ、4時間~一晩お肉を漬けておく。 その後蒸す、焼くなどお好みの調理法で調理します。