ブレイゾンの赤やだ、ゾディアスの赤やだ、なんていう方にクロノスオススメです。 まとめ. 18ブレイゾンはコルクとevaの2つの素材を用いたセパレートタイプ。 zodiasと同じように黒を基調としながらも、こまかい部分は赤が使われていますね。 ただ18ブレイゾンの赤のほうが若干明るいかな? 重さ. daiwaが2018年に新発売したロッド「blazon(ブレイゾン)」を買いましたので、そのインプレッションをご紹介します。ブレイゾンは約1万で買えるロッドのなかではかなりコスパのいいモデルです。 ブレイゾン: 591l+s、651ms、641ls-g、742ml+s-st=2019.05デビュー ... 651lb スモラバを中心としたライトリグからシャッドやスモールクランクなどの小型ハードベイトまで対応するベイトフィネスバーサ …

今さらクロノス!?な感じですが、クロノス651lbについてでした(笑)。 ロキサーニの相棒にどうでしょうか。 ここまでお読みいただきありがとうございました! ダイワから2018年新作バスロッド、Newブレイゾンがリリース決定です!圧倒的なコストパフォーマンスを誇った前モデルからどう進化したのか、詳しくチェックしてみましょう。バス釣りエントリーモデルとしての役割を果たしてくれそうですよ! クロノス651lbはベイトフィネスバーサタイルを謳ってますが今のところ小型プラグ専用機となってます。 出番は少ないですが、ガストネードやステルスペッパーなんかを投げる時に使ってました。 zodias166mと18ブレイゾン661mbの2つを比較してみました。 ブレイゾンの1ピースベイトロッド ブレイゾンの1ピースベイトロッドは、631mlb、651lb、661mb、661mhb、671mlb、6101mb、6101mhb、721mhb、721hb、741xhbの計10種類です。 ... ブレイゾンのインプレ… 『ルアーマガジン2018年6月号』で今年もリスタートした連載「steez 2018 season」。登場したアングラーは、霞ヶ浦水系を舞台に奮闘するdaiwaworks・佐々木勝也氏だ。その取材は彼が以前住んでいた東北地方から活躍の舞台を茨城県へ移してわずか5日目のこと。