モータが壊れたのか?故障したのか?どうしたらその原因を見つけることが出来るのか?マグネットで駆動しているモータならマグネットのサーマルがトリップしているかどうかで判断ができます。ショートしていればマグネットが焼けたりやブレーカートリップした ブロアモーターと呼ばれるエアコン、ヒーターの送風を作り出す. ブロアモーターの単体点検をするも問題なく作動してはずれ.

とりあえずは電源ヒューズを点検した後に、ファンレジスターとブロアモーターを単体点検すると正常 次にエンジンルーム側のエアコン電動ファンとマグネットクラッチの作動点検も正常

ブロアモーターの単体点検をするも問題なく作動してはずれ. ブロアモーター・コントローラーが故障するには、それなりの理由がある訳で、関連する部分の点検を行ってみると、エアコンフィルターの目詰まりが酷かった。(図2参照) セルモーター単体点検すると、やはりマグネットスイッチがご臨終でした。 セルモーターを新品と交換します。 バッテリーも 3 年以上経過して、突然死する場合があり、危険なので予防整備として交換しま … 次は、ブロアレジスタが悪いのか、エアコン操作ユニットが悪いのか点検してみました. スターターモーター の単体点検、分解後の構成部品の点検を行います。 交換が必要と判断した部品を購入することは可能ですが、日本の自動車ディーラーやカー用品店の自動車整備士が、スターターを分解して必要な部品のみを交換するといった作業は行いません。

モーターの故障でした.

このお車ではブロアモーターは助手席足元に取り付け …

テスター診断、単体点検と診断を進めていき、判明した原因は.

リダクション式セルモーターのマグネットスイッチの点検法です。 プランじゃの吸引及び吸引保持。 セルモーターにはプルインコイルとホールディングコイルがあります。 その2つが正常かを点検します。 プルインとはプランジャを引っ張るコイル。 コントロールコンピューターを取り外してみると、コネクタ内部が解けて 居ました。 フィン部分の冷却が不十分だと起こりやすいようです。 交換してしっかりと動作しました。 当ブログ管理人のTorentです。 まだまだ整備士としても人としても未熟な自分ですが、このブログを見て頂いた人ともに成長できるものになれば嬉しいです。 コントロールコンピューターを取り外してみると、コネクタ内部が解けて 居ました。 フィン部分の冷却が不十分だと起こりやすいようです。 交換してしっかりと動作しました。 ブロアモーターが外れた所です。ファンレジスターもココなので同時に交換します。写真は助手席側だけですが 運転席側も ほぼ同じように分解します。 これが モーターです。両脇の軸に風車が付きます。 こんな具合に組んでいきます。
ブロアモーターとは別です。 ダイアグノーシスの点検が必要です。エラーコードが 記憶されているかもしれません。 モード切替は正常ですか? エアコンアンプの端子電圧を測定して異常があればエ アコンア …


つまり、ブロアモーターは単体では回るので問題ありません.