中容量ピルのプラノバールについて。実際に何度も服用してきた記録です。経過、症状。プラノバールの効果、副作用。副作用を軽くするためしたこと。消退出血、生理の経過。通販について。セカンドオピニオン。更年期の悩み。貧血。サプリなど。 性交渉の後に飲むだけで、避妊効果が期待できるアフターピル。緊急避妊薬とも呼ばれていて「コンドームが外れてしまった、低用量ピルを飲み忘れた」などのハプニングのせいで緊急的に避妊しないといけない時に役立ちます。その後に起こる、避妊成功の証を知っておきましょう。 万が一の時、望まない妊娠を回避する方法として、女性にとって強い味方である"アフターピル"。 この成否を判断する基準となる消退出血がなかなかこないと、「避妊失敗!?」と不安になることでしょう。 何故消退出血の有無が避妊の成否確認に繋がるのでしょうか? アフターピルを内服する時期により異なりますが、排卵前~排卵直後にアフターピルを内服すれば数日~2週間後に消退出血が見られ、それ以外の時期では数日~3週間後に消退出血が見られます。以上より、月に2回出血が見られる事もあります。 アフターピルは90%前後の確率で事後避妊ができる薬剤ですが、ある行動によって失敗してしまい、望まない妊娠をしてしまう恐れがあります。アフターピルで避妊が失敗する8つのケースを挙げているので、服用する前にぜひチェックしてみてください。 「プラノバール」は、重い生理痛や生理不順などの治療のために処方されることがあるホルモン剤ですが、緊急避妊を目的としたアフターピルとして使われることもあります。今回は、プラノバールの避妊効果や飲み方、飲むにあたって注意したいことなどについてご説明します。