4月4日「第一回 全日本プロボックス/サクシード選手権」では、福島県のエビスサーキット西コースにてタイムアタックと40分プチ耐久レース、5ラップスプリントレースが行われた これぞサーキット快速プロボックス! 吸排気チューンの高い可能性を筑波で実証 .

*45分耐久レース:1台25,000円(フリー走行 15分×1本 付) ※ドライバー1人に付き保険代 別途 1,000円必要 *タイム計測付きフリー走行(15分×1本予定):1台 4,000円 jpsc(全日本プロボックス・サクシード選手権)の過給機付きクラスで、初代シリーズチャンピオンに輝いたのがこのプロボックス。 パッと見は仕事で使い倒している仕事仕様だが、実は荷物をたくさん積めるマニュアル車が欲しくて手に入れた遊びグルマ。 中でもプロボックスとサクシードは現在でもワンメイクレースが開催されており、派手なカラーリングのレーシングライトバンが筑波サーキットなどで熱いバトルを繰り広げています。 ヴィッツワンメイクレースや東北660選手権などの耐久レースに積極参戦する宮城県のkレーシングが、jpsc(全日本プロボックス・サクシード選手権)用に作り上げたガチのプロボックスがこれだ。 トヨタ プロボックス/サクシードがサーキットを駆け抜ける!? 耐久レースのエントリーは先着順で15台までとなります。 フリー走行は併催のプロクルーズサーキットクロスと混走とし、上限は設けません。 [JPSC] 全日本プロボックスサクシード選手権2017 Rd.3 申込書 ドライバーもプロドライバー以外で参戦しなくてはならないなど、全く新しいレース企画です。 サーキット走行からストリートまで幅広く対応できる、ブリッツのプロボックス・サクシード用パーツにもご …