体がつながったベトちゃん・ドクちゃんがダイオキシンによる奇形児の象徴のように報道されてから20年以上が経つ. ベトちゃん・ドクちゃんは、アメリカ軍が散布した枯れ葉剤の中のダイオキシンが原因した可愛そうな例だと報道された。 しかし、大きな疑問がある。

体がつながったベトちゃん・ドクちゃんがダイオキシンによる奇形児の象徴のように報道されてから20年以上が経つ. ベトちゃん・ドクちゃんは、アメリカ軍が散布した枯れ葉剤の中のダイオキシンが原因した可愛そうな例だと報道された。 しかし、大きな疑問がある。

ベトナム戦争時に アメリカ軍が枯葉剤を大量散布した地域こそが、ベトちゃんドクちゃんの出生地 だったのです…。 ベトちゃんドクちゃんの場合は、上半身はなんとか離れているけれど、下半身は共有。 当然、肛門も生殖器も腎臓も一人分。 ベトナム戦争で米軍が散布した枯れ葉剤の影響とみられる結合双生児として 1981年に生まれた「ベトちゃんとドクちゃん」のうち、弟のグエン・ドクさん(25) が16日午前(日本時間同)、ベトナム南部ホーチミンで結婚式を挙げた。 枯葉剤開発の事実があったかもしれないということ。ベトちゃんドクちゃんが有名だが、枯葉剤によるベトナムの被害は深刻だった。なぜ埋まっていたかは謎だけど、これから有害になる可能性が.

私たちにとって1番馴染み深いベトナム人は、ベトちゃんドクちゃんではないだろうか。ベトナム戦争中に米軍が散布した枯れ葉剤の影響で結合双生児として生まれた2人は、枯れ葉剤被害のシンボルとなり、日本からは様々な支援の手が差し伸べられた。

すでにベトナム戦争は6年前に終わっていましたが、日本の原爆被爆者の場合とも似て、戦争の傷跡は枯葉剤の影響を含めて戦後も長い間残っていました。ベトとドクもその影響を受けたのかもしれない─多くの人がそう感じました。 この地域はベトナム戦争下で枯葉剤が多量に散布された地域である。2人は上半身2つが1つの下半身でy型に繋がった結合双生児として産まれた。母親フエは終戦の1年後に枯葉剤のまかれた地域に移住し、農業を行っていた。

2019年10月27日 14時47分