しかし、ベトナムでの学習で不足するのが会話練習です。EDICA VIETNAMでは、椿日本語塾を設立し、基礎固めとともに、職場や生活で使える生きた日本語の指導に注力。日本とのギャップを埋められるカリキュラムを実施しています。 ベトナム人…むしろ外国人との付き合い方の前提 近年、日本でもベトナム人の姿を見かけることが多くなったと聞きます。 ベトナム転勤や事業立ち上げはもちろん、日本側職場へのベトナム人の受け入れ、ベトナム人が同僚になった、近所にベトナム人が移り住んできた…など。 く、ベトナムから見た日本は大きく、量的また質的にも大きなギャップがある。 本報告者は、外国語大学の日本語教師であり、日本研究の専門家ではないが、両国の経済的また まだまだ細かだったり、ニッチな部分ではたくさんギャップが見つかると思いますので、ベトナムに来られる際には是非探してみていただけたらと思います♪. ベトナムと日本に感じたギャップまとめ . ヴォー・グエン・ザップ(ベトナム語: Võ Nguyên Giáp、漢字:武原甲[1][2][3]、1911年8月25日 - 2013年10月4日[4])は、ベトナムの軍人、政治家。ベトナム共産党政治局員。ベトナム人民軍(QĐND)総司令官。最終階級は大将であった。 優れた軍事戦術家で … 日本では第二次世界大戦、ベトナムではベトナム戦争の時代を経た世代というのは、どことなく似た印象があるのだろう。ともに幼少のころだろうが、生きるために、自分の嗅覚を頼りにしてきた世代、だから、成長しても、なかなか他人や他の

ベトナムに旅行に訪れる日本人旅行者の多くは、ガイドブックやネットで目的地を決めることでしょう。しかし、日本人が考えるベトナムのおすすめエリアと、ベトナム人が考えるおすすめエリアとでは、ギャップがあると思ったことはありませんか? 理想と現実のギャップの原因は何か? これには、日本の大学試験が難しいなど、いろいろな原因があるとは思いますが、大きな原因の1つはこれではないかと思います。 ・外国人が得られる日本留学に関する情報が不足している . 毎年「ジェンダーギャップ指数」というものが発表されます。これは性差別がどのくらいあるかを示す世界ランキングのようなもので、日本は政治や管理職の女性割合がずば抜けて低いことから毎年悪い結果となっております。 世界経済フォーラムの「ザ・グローバル・ジェンダー・ギャップ・リポート2016」で、ベトナムは144カ国の中で65位となり、前年から順位を上げた。