この時期、税金関係のトピックとして多いのは、やはり「ボーナス」ではないかと思います。 特に毎年のように話題になるのが、ボーナスにかかる税金についてですね。「額面の3割近く引かれていた! ボーナスにかかる税金とその計算方法について. 手渡しの場合も明細が添付されていると思いますので、税金が差し引かれているか確認しておきましょう。 受け取る給料が振込にしても、手渡しにしても、税金は支払う必要があります。 給料から引かれている源泉徴収税は、いわば仮の金額です。 僕は会社員ですが、給料とは別に手渡しで領収書も発行しない現金を貰うことがあります。これは確定申告しないといけないお金なんでしょうか。なんの証拠も残らないので貰っとけばよいのでしょうか。相手の人は領収書なんかいらないと言っ なので、手渡しでもらってもまずは黙って使わずに、給与明細に寸志の金額がオンされるのかor別明細かを確認してから使ったほうが男性の方はいいかもしれません(源泉徴収を確認すれば分かることではありますが、そこまで鋭い奥さんを知りません…) まとめ. 現金手渡しの生前贈与は証拠が残らないので、税務署に生前贈与を否認され相続税が課税されてしまう場合があります。現金手渡しではなく銀行振込で贈与をおこない、贈与の都度、贈与契約書を作成しましょう。なお、名義預金やへそくりも否認されるケースが多々あります。 賞与を手渡し 多くの会社では銀行振込みといった対応になっていると思います。 法律上はどちらでもまったく問題ありません。 手渡しという場合には労働者は面倒に思うかもしれませんが、いくつかメリットもあります。