1.「ラグビーワールドカップ2019™日本大会」参加国の、1人当たりビール消費量. キリンホールディングス(株)調べによると、ラグビー強豪国の1人当たりビール消費量は大きく、アイルランドは日本の約2.4倍のビールを消費することがわかりました。 ビール消費はサッカーの6倍~ラグビーワールドカップに「売り子」初投入 2019/09/04 07:00 日本―トンガ戦でハイネケンを販売する売り子。 ラグビーワールドカップ(w杯)日本大会も残すところ、決勝と3位決定戦のみ。9月20日から日本各地で計48試合(決勝、3位決定戦の2試合含む)が行われた。日本は優勝候補のアイルランドや強豪のサモア、スコットランドを破って全勝。予選グループを 日本代表の快進撃で盛り上がるラグビー・ワールドカップ(W杯)。消費税が8%から10%に上がる10月1日以降もチケットの販売価格はそのまま据え置かれた。さらに、会場内で販売されているビールなどの飲食物も消費増税前と同じ価格が維持されている。