今や世界中で幅広く愛されているアイスクリーム。発祥は同じでも、それぞれの国に伝わってからは、それぞれの風土や特徴を生かしアイスクリームは独自の進化を遂げてきました。ここでは、代表的なアイスクリームとその国々を紹介していきます。 アイスクリームは現在、ロシアから中国への輸出が認可されている唯一の乳製品で、昨年一年の輸出額は320.5%増と激増した。しかし、アイスクリームが対中輸出食品に占める割合は依然として低く、大きな成長の余地を残している。 それぐらいロシア人はアイスクリームを愛してやまないのです。 スイス発・世界的に有名なアイスクリーム「モーヴェンピック(mÖvenpick)」をご存知でしょうか。 ハーゲンダッツと並び、上品で高級なアイスクリームとして世界30 当時のアイスクリームの保存期間は1週間。 ちなみに…日本では、アイスクリームの賞味期限がないと言われていることを考えると、かなり短い! 味、色、匂いが少しでも異なっていたら不良品となり、店頭に並ばなかったといいます。 ハーゲンダッツと一緒で高級なアイスクリームの部類で安くはありませんが、自分へのご褒美や海外に遊びに来たついでに試してほしい逸材です!

マグナム(magnum)のアイスのお値段は? ドイツでは2€くらいなので日本円で260円くらいです。. アイスクリーム(英: ice cream )は、牛乳などを原料にして、冷やしながら空気を含むように攪拌してクリーム状とし、これを凍らせた菓子である。 そのうち、柔らかいものは「ソフトクリーム」と呼ばれる。 後述する通り、国によっては「アイスクリーム」製品の規格を規定する場合がある。