Windows10のローカルグループポリシーとは、PC上の様々な設定を自由にカスタマイズできるWindows10の標準機能です。今回は、ローカルグループポリシーの起動の仕方や、それを使ったカスタマイズ方法の例をいくつかご紹介します。 Windows 自動化技術大全 - ローカル セキュリティ ポリシーのパスワードの長さの設定コマンドで変更することができるバッチファイルの作成方法を説明します。 ここでは「Windows 10 Pro」を使って、ローカルグループポリシーエディターを起動してみましょう。 ローカルグループポリシーエディターの起動. それでは起動方法をみていきます。 ついでに、 ローカル セキュリティー ポリシー というツールも使えるようになります。これは、ローカル グループ ポリシー エディターで変更できる項目の中で、セキュリティーに関する部分のみを取り出したようなツールです。 このため、このseceditコマンドによるセキュリティポリシーの変更は以下の場合に有効な方法といえるのかな。 ①オリジナルの1台と全く同じ設定を適用する場合。 ②ローカルセキュリティポリシーの設定が最初からすべて決まっている場合。