WordPress(ワードプレス)でバックアップや復元を簡単に実行できるプラグインを紹介します。バックアップや復元はいくつかのツールを使うと手動で実行することができますが、操作に不慣れな場合はデータを壊したり紛失したりしてしまうかもしれません。 エックスサーバーは何もしなくても自動でバックアップを取ってくれるという嬉しい機能があるのですが、実際に復旧させるためにはお金が必要になります。でも、手動バックアップなら無料でできるので、ぜひ取っておきましょう。→初心者こそやっておこう! ワードプレスのプラグイン「WP Sitemap Page」 データベースの復旧方法!エックスサーバーで誤って削除したデータベースを復活させるには?! ワードプレス投稿画面の横幅や背景色の変更から、moreタグや番号なしリストのボタンを追加する方法! ftp等で誤ってファイルを削除してしまった場合の復元方法; ワードプレスバックアップ復元方法の流れ; step1.サーバーからバックアップデータを取得する. WordPress(ワードプレス)でブログを始めようと思った時に、サーバー・ドメインの手続きなどわからないことだらけで困っているというお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。 エックスサーバーを使うと、簡単インストール機能のおかげで3分もあれば完了させられます。 インストールが終わったら次はバックアップしておいたさくらサーバーのWordPressをエックスサーバーへ復元 … エックスサーバーなど、サーバー側でバックアップを取ってくれている場合は、プラグイン「BackWPup」を入れなくてもいいかもしれません。 ワードプレスでバックアップを取っておくべきものは大きく分けて以下の2つがあります。 「エックスサーバー」や「さくらインターネット」など、基本的にレンタルサーバーには「phpMyAdmin」が用意されています。操作方法も画面も同じですので、他のサーバーを利用されている方も安心してついてきてくださいね! エックスサーバーの「wpX」独自SSLや自動バックアップ&復元は魅力だから、エンドユーザーが自分用に1サイトだけ運用するとかならいいかもしれないけれど、WordPressに特化するためにいろいろ独自の設定なので、個人的には普通のエックスサーバーの方が使いやすいと思った。

こんにちは、yojipapa です。前回の記事で、ドメインとサーバーの紐づけができました。今回は、レンタルサーバーのエックスサーバーに無料のホームページ作成ソフトウェア WordPress(ワードプレス)のインストール方法をお伝えします。