内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視! マーク2からマークXに名前が変わり、内容もレベルアップ。プラットフォームはクラウンと共通に、エンジンは直列6気筒からV型6気筒に。 執筆時期の関係から、中古vs新車の比較も含めています。 【2019】新型デイズの口コミを紹介!車内は狭い?辛口評価も 2019年9月30日 【2019年】ハリアーの値引き相場は渋い?限界を引き出す交渉術。 2019年9月27日; 中古車の購入時、諸費用はいくらかかるの?相場や費用項目を解説 2019年9月25日 トヨタの5ナンバーミニバンは、内装の評判が良いとは言えません。 ヴェゼルの何がそんなに魅力的なのか?本当にいいところだけなのか?良いところしかない物なんて、どこぞの悪徳商法を連想させて逆にイメージが怪しくなりますよね。今回はオーナーさんの大満足コメントから超辛口コメントまで徹底解析して、ヴェゼルの闇を切るがテーマです! ヴォクシーとセレナの口コミ・評価を比較したところ、ここではヴォクシーに軍配が上がったものの、セレナは「プロパイロット」など先進機能を採り入れる挑戦的な姿勢に評価を集めており、今後さらなる改良に期待したいところです。 エスティマとヴォクシーの乗り心地を比較してみました。エスティマとヴォクシーという2種類のミニバンは、どちらもトヨタ製ミニバンとして高い評価と期待を得ている自動車です。どちらもミニバンとして王道な特徴を持っていますが、だからこそ乗り心地の差は 【激辛評価は愛の証! ?】 超辛口評論家が選ぶ「バツ」なクルマ 「マル」なクルマ 辛口なクルマ評価を見せている自動車評論家岩見るみこさんが、辛口な評価になるワケと今ダメ!&今イイ!と感じるクルマについて語ってもらったこの企画。クラウン、リーフ、bmw3シリーズなどを辛口評価! ヴォクシーはプラスチック満載でチープ!という評価が多いなか、 エスクァイアの内装はかなり上質に仕上がっていますよ! 高級感ただよう内装デザイン. トヨタ新型ヴォクシーハイブリッドの評価・評判 日産・セレナからミニバンナンバー1の座を奪ったトヨタ・ヴォクシー。 キリリと「目」が釣り上がった攻撃的な「ワイルド顔」は、お父さんのハートをがっちりつかみました。 !