中国人観光客を筆頭に日本を訪れる外国人が増え続ける中、医療現場では外国人患者をめぐるトラブルが起きている。最近目立つのが、旅行中にケガや病気で病院を受診した観光客による医療費の“踏み倒し… 訪日観光客の医療費の踏み倒し相次ぐ!海外旅行保険の加入義務化は待ったなし。 公開日: 2017/12/05 : 海外旅行保険, 生命保険や損害保険. 外国人観光客が医療費を未払いにしたまま帰国する問題が相次ぎ、病院が悲鳴を上げている。関係者は、「食い逃げは逮捕されるのに、医療費の踏み倒しは許されるのか」と憤りを隠していない。 空港近くの、とある医療センターに来院する人は、大半が急患だ。

中国人が医療費踏み倒し 日本の健康保険が悪用されまくりだった ... 特に中国人は、観光としながらも医療目的で訪日するケースが多く、その原因は中国の医療が信用できないからだという。 踏み倒しが出来るなら、外国人の保険料収納率が54%という実態も理解できます。 7月9日から、在留3ケ月の外国人まで国民健康保険加入可能になるとのことですが、 中国から他人の身分を買っての医療目的なりすまし来日が増える可能性が懸念され、 > 国民医療費が40兆円を突破し、日本の財政は危機敵な状態にある。こうしたなか、一部の来日中国人が日本の医療制度に“タダ乗り”しようとしているという。そんな噂を聞いて取材を開始したところ、とんでもない実態が浮かび上がった!