中国茶の販売店です。 産地から直接仕入れのプーアール茶や烏龍茶 などの中国茶葉と茶器を主に販売しています。.

中国東沿岸部の福建省で、青茶(烏龍茶)が発明されました。 四大茶区とは? 中国茶の主な4つの産地を「四大茶区」といいます。 中国茶の四大茶区は、主に中国南部に広がっています。

烏龍茶の産地は、大きく中国産(大陸産)と台湾産に分けられます。烏龍茶(青茶)は、中国産(大陸産)と台湾産があります。(※日本でも一部で生産されていますが、生産量は非常に僅かとなっています。) 中国の烏龍茶 中国の代表的な産地

台湾茶は台湾、中国茶は中国で生産します。台湾で生産されているお茶は主に烏龍茶ですが、数量ではありますが緑茶、紅茶なども作っているようです。意外かもしれませんが、中国大陸では緑茶の生産量が一番多いです。 奥深い中国茶の世界をぜひお楽しみ下さい。 商品一覧 支払方法 中国茶豆知識 卸販売について 店舗案内 カゴを見る “DONG DING MOUNTAIN” 2018年4月から約2ヶ月間をかけて、中国、香港、台湾の茶の産地や市場を回る旅に出ています。 詳細は、以下のページにてご紹介しています。 [nlink url…

台湾 凍頂烏龍茶専門 E-MAIL:oolong-tea@special.hot.co.jp トップページ|新着情報 |商品のご紹介|凍頂烏龍茶の成分・効能 |凍頂烏龍茶パワーの不思議| 凍頂烏龍茶産地のご紹介|安さの理由|おいしい飲み方|商品申込みフォーム|試飲茶(10g)申込みフォーム|

烏龍茶と聞いてまず思い浮かぶのは、茶褐色のお茶ではないでしょうか。こちらは中国の伝統的な烏龍茶。中でも福建省で作られる水仙は、烏龍茶本来の力強い味わいと、独特の香ばしい余韻が魅力です。 一方、現在の台湾では淡い緑色の烏龍茶が主流。 中国茶と台湾茶の違いは主に産地 .