私がかつて勤めていたit系の中小企業では、夏と冬の2回、賞与が出ていました。 今のご時世、貰えるだけありがたいことなのですが、微々たる額でした。 おおよその金額も思い切って公開したいと思います。 スポンサーリンク. 経団連がまとめた2018年夏のボーナス調査結果(中小企業)をもとにすると、「ボーナスを支給する」と答えた企業が全体で前年(2017年)より0.3%減っていますね。 景気自体は「リーマンショック前の水準に回復した」と言われていますから、今年2019年度は「支給する」企業が少しでも増えて欲しいところです。 ボーナスの支給金額は7年(今年で8年)連続増加中! 目次. 中小企業の2019年度「冬のボーナス」実態調査 5年連続で「増額」が「減額」を上回るも、「増額」は前年から9ポイント減。 半数の企業が「前年より景気回復を感じない」と回答。 ―人事向け総合情報サイト『人事のミカタ』アンケート― スポンサーリンク.

ここからは、一般財団法人 労務行政研究所「東証第1部上場企業の2019年夏季賞与・ボーナスの妥結水準調査」を元に、上場企業を対象とした業界別のボーナスの平均支給額について紹介します。 下記の表は製造業の業界毎のボーナス支給額です。
it中小企業のボーナスはいくら?賞与額、公開します! 管理人 2018年11月3日 / 2018年11月23日.

中小企業の年収は平均385万円!年齢別のデータと合わせて紹介. ボーナスが最も高い業界はどこ?全16業界の金額比較. 中小企業も含めた民間の平均ボーナス額はいくらになるのだろうか?みずほ総合研究所が今月11日に公表した予測によると、事業所規模5人以上ベースの民間企業の1人あたりボーナス支給額は38万1904円。前年比2.1%減と、冬季ボーナスとしては1人あたり支給額が4年ぶりの減少となる見通しだという。 厚生労働省が発表している『平成30年賃金構造基本統計調査』によると、 中小企業の平均月収は約32.1万円です。 年収にすると約385万円 で、ここにさらにボーナスが加わります。 ボーナスが夏冬1ヶ月分ずつだとすると、合計で449万円が平均年収です。