平成29年7月までの算定基準額.

注)高額介護サービス費の対象となるのは、利用料(自己負担)として支払った介護サービス費用負担分(1割から3割)の合計が対象です。施設サービスの居住費(滞在費)・食費や日常生活費は対象外です。福祉用具購入費、住宅改修費も含まれせん。 住民税課税世帯(現役並み所得相当)(注1) 介護保険高額介護 (予防)サービス費算定基準額(ひと月の自己負担上限額) 高額介護サービス費の所得区分.

既存. 平成29年8月からの算定基準額. 第三者行為(交通事故等)による介護保険サービスの利用 高額介護サービス費 同じ月に利用した介護サービスの利用者負担の合計が高額になり、次の限度額を超えたときは、超えた分が「高額介護サービス費」として後から支給され、負担が軽くなります。 介護保険の被保険者の方は、交通事故などの第三者行為によって状態が悪化した場合でも介護保険サービスを受けることが出来ます。 ただし、介護保険サービスの提供にかかった費用は加害者が負担するのが原則ですので、市区町村が一時的に立て替えたあとで加害者へ請求することになります。 説明. 第三者行為によって、介護サービスを利用している人の高額介護サービス費はどうなるのでしょうか? また、その人の利用者負担額は、損害保険会社でしはらっています。 本人、家族が支払っていないので、対象にならないのでしょうか。