天皇の退位や即位、皇室のお祝い事の際には、恩赦、大赦、特赦が付きものだと言うことを最近知りました。そこで、恩赦で死刑囚や凶悪犯が社会に出てくるの?そうなったら一般市民に危険が及ぶのでは?心配になり、素人なりに調べてみました。 10月22日、令和天皇誕生の即位の礼が執り行われます。過去、日本にとって大事な行事があった時に恩赦が実施されいました。今まで多くの人が対象者でしたが、殆どが交通違反者や選挙違反者だったと言います。今回の恩赦は約55万人と小規模な形にはなりま 令和天皇の即位の日である10月22日が間近になってきました。 そんな、皇族の方のおめでたいことがあるときに話題になるのが「恩赦(おんしゃ)」。 今回の令和天皇の即位でも即位恩赦が行われることがきまりました。 そもそも恩赦 令和の恩赦で資格を復権するのは運転免許ではない!?対象者は55万人というが免許取り消しや免停、反則金が戻るわけではなく前科の復権って?55万人の罰金刑者の一体なにが復権されるの?今回の政令恩赦は今までの慣習を踏襲したが実際には430人程度の人しか恩典はないような結果に・・・ 2019年5月に「平成」から「令和」へ改元されます。 恩赦(大赦・特赦)で過去の罪は消えるのでしょうか?また世界の国の恩赦はどうなっているのでしょうか? 【特集】令和・即位の礼 22日に政令と基準を公布、施行する。 現憲法下での恩赦は11回目で、天皇、皇后両陛下が結婚した1993年以来、26年ぶり。 ・ 刑の執行猶予の言渡しを受けてまだ猶予の期間を経過しない者に対しては,刑を減軽する減刑のみを行うものとし,また,これとともに猶予の期間を短縮することができます(恩赦法7条3項及び4項)。 ④ 刑の執行の免除(恩赦法8条)