アフターピルを飲むのであれば、低用量ピルはいらない。低用量ピルを飲むのであればアフターピルをいらないと思っている人も多いでしょう。しかし、この2種類のピルを状況によって使い分けることでより高い避妊効果を得ることにつながります。 アフターピルについてのすべてが分かる!性行為後でもできる緊急避妊薬、それがモーニングアフターピルです。不意に望まない妊娠の危険を感じる瞬間というのはやってくるものです。そんな時のために知っておくべき緊急避妊法を詳しく解説! とくに低用量ピルは、服用によるホルモンバランスの変化に体が慣れるまで、不正出血が起こりやすいといわれています。 消退出血と不正出血の違いは、消退出血はピルの服用を中止した後や休薬期間に起こり、不正出血はピルを服用中に起こることです。

月経困難症、子宮内膜症、過多月経、pmsなどの治療に使用されます。避妊効果あり。 超低用量より月経量がやや多めですが、不正出血は少なめです。 副作用は、超低用量とほぼ同等。 低用量ピルの服用により、子宮内膜が薄く保たれて月経量が減るため、休薬中に出血がほとんど実感できない場合もあります。 妊娠の可能性が無く、定期的に婦人科検診をうけておられるのであれば様子をみても良いでしょう。 経口避妊薬(けいこうひにんやく、英語: combined oral contraceptive pill (COCP)、oral contraceptive (OC) )とは、主に避妊に用いられる女性ホルモン剤。 ピル とも呼ばれる。 ピルと言った場合、通常低用量ピルを指す。.

成分は同じ低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(LEP)がある 低用量1相性ピル ルナベルldのジェネリック .