保釈・釈放とは何ですか? 保釈について 保釈とは、勾留されている被告人を、暫定的に釈放する手続きです。 保釈は、起訴された後にしかできず、また、保証金を納付する必要があります。 保釈されても、勾留決定そのものが無くなるわけではありません。

釈放 ・保釈 ・身体解放のご依頼についてご説明しております。刑事事件の弁護なら弁護士法人アディーレ法律事務所にお任せください。突然逮捕されてしまった大切な人を守りたい方,逮捕・勾留・起訴・示談などの弁護士をお探しの方,今すぐお電話ください。 刑事事件の流れとそれぞれの要所に応じた刑事弁護の方法、対処法をご説明していきます。身の回りで逮捕者が出てしまい、今後何とかしたいが、どのようにしていけばいいか困っている方の参考になれば … 逮捕の期限は72時間. 保釈の申請は、起訴後にできるようになります。 そのため、起訴後すぐに申請できるよう、 前もって保釈請求書を用意しておくことが多いです。 保釈金が納付されてから釈放までの時間は、ほとんどの場合、3時間かからないくらいです。 主人が刑務所にいるのですが、住んでいる所からとても遠くの刑務所にいます。出所日はもう分かっているのですが、時間帯が分かりません。出所する2週間ぐらい前には分かるらしいのですが、帰りの飛行機のチケットを買うのに早ければ早い 刑事手続きの段階ごとに、釈放や保釈を目指すためにやるべきことは変わります。 基本的な刑事手続きは、下記のとおりです。 逮捕(72時間) 警察から検察への送致まで(48時間) 送致から勾留請求まで(24時間) 勾留質問 逮捕には警察での48時間と検察での24時間、合計72時間という期限があります。このリミットまでに検察が起訴できなかったら、刑事事件の被疑者はすぐに釈放を求める権利があるの … 釈放は一般に、身柄を拘束された状態から解放されることをいいます。保釈は、起訴後、判決までの間、勾留による身柄拘束から解放されるもので、釈放の一種です。仮釈放は、受刑者が一定期間の刑期を過ぎた後で仮に釈放してもらうもので、保釈とは無関係です。