保険証の種類は主に3種類あり、その保険証には「記号」「番号」「保険者番号」の3種類の番号が記載されている。保険証にある番号によって、勤務先企業や保険の種類などさまざまな情報を知ることができるのだ。保険証の番号や記号などから読み取れることを解説していこう。 健康保険証には基本的に社会保険証と国民健康保険証の2つがあり、それぞれ異なります。会社役員やサラリーマンの場合、社会保険へ加入することになっています。要は、会社に属している人は基本的に全員が社会保険となります。 国民健康保険証は引っ越し手続きが完了すると、その場ですぐに新しい保険証が発行されますが、本人確認書類がない場合や代理人が手続きをする場合は、後日、住民票の登録住所宛に簡易書留(転送不要扱い)で郵送となりますので、3日〜5日程度の時間がかかります。

健康保険証と補助書類の氏名・住所・生年月日が申し込み内容と同じであること 2.

健康保険証の裏面に住所の記載をする場合は裏面も提出すること 3.補助書類も提出すること 例)国民健康保険証と水道料金領収書の2点を提示 ※本人確認書類に記載された住所とお申込時に入力された現住所が異なる場合は、現住所が確認できる 「C【補助資料】」のなかから選択して、 併せてご … 保険証には2種類ある.