個人向け国債は、通常国債(≒新窓販国債)に比べて、圧倒的に不利な設計となっています。まず、多くの書籍等で推奨されている「変動10年債」の金利は【基準金利(≒長期金利)×0.66】となります。長期金利が1%の時は、0.66%という訳です。かなりぼったくられていますね。 個人向け国債のメリット・デメリット、10年ものと5年ものの違いを知ろう! Tweet おそらく多くの人が「個人向け国債」という言葉を聞いたことがあるでしょう!

例えば、10万円を固定5年国債で購入したときは、毎回の利息が25円くらいです。 個人年金保険 個人向け国債(変動10年)は完成度が高い注目商品個人向け国債には、固定金利3年・固定金利5年、変動金利10年とあります。その中でも【変動10年の個人向け国債】は金融関係者の間では、「もっとも完成度が高い金融商品」と噂されています。何故、このような高い評価をされるのか? 一方、個人向け国債のデメリットとしては、次のようなものがあります。 ・満期前に換金すれば利息の一部をペナルティとして払い戻す必要がある ・利息が少ない. 個人向け日本国債(10年変動)は、投資に値する商品なんだろうか?という方向けに書いています。 メリット・デメリットをまとめています。 結論的には、 投資に値する商品だが、今の状況で投資しなくてもいい と考えています。 何故投資しなくてもいいのか等をご説明します。 目次. 個人向け復興応援国債と呼ばれる東日本大震災からの復興を応援する個人向け国債の変動10年をベースにした国債も取り扱っていましたが、現在は募集を終了しています。(2018年3月時点) 国債の金利.