ホーム 法令等 文書回答事例 贈与税 変額個人年金保険の相続税法第24条の取扱いについて(照会) (別紙) 平成22年11月19日 国税庁課税部長 西村 善嗣 殿 社団法人 生命保険協会 理事 棚瀬 裕明 色々な状況により、生命保険上の変更は付きものになりますね。でも契約者の変更をしたい場合に税金の扱いはどうなるのか、贈与税はかかるのか、いつかかるのかなど気になることでしょう。そこで生命保険の契約者変更の手続き問題や、契約者変更の問題なども踏まえて解説します。 平成28年4月現在における一般的な個人年金保険税務の取扱いについて記載しています。 税務の取扱いは税制改正などで変更となることがありますのでご注意ください。 なお、個別の税務の取扱いについては、所轄の税務署等へご確認ください。 【税理士ドットコム】贈与税(個人年金保険を受取るときの税金)について教えて下さい。約35年間払込む個人年金保険に加入しています。最初の約2年間は、契約者も被保険者も妻でした。その後は現在まで約28年間、契約者が夫、被保険者が妻です。 去る12月14日に与党・自民党が発表していた「平成30年度税制改正の大綱」が閣議決定されました。この後、2月下旬頃「税制改正法案」として国会に提出され、衆議院と参議院の各委員会で審議採択が行なわれ、成立すれば公布され、4月1日から施行されます。 平成29年12月14日に自民、公明党は2018年度(平成30年度)の与党税制改正大綱を発表しました。以下は、その個人所得税及び贈与税・相続税(資産課税)の改正大綱の概要となります。 個人所得課税 働き方の多様化を踏まえ「働き方改革」を後押し所得再分配から見直しが図られました。 個人年金を受け取る際には、税金がかかります。受取人により税金が異なりますので注意しましょう。また、【価格.com 保険】では専門家があなたにピッタリの個人年金保険をご提案をさせていただくことも可能です。個人年金保険の見積もりに関する相談も無料で … 今までは、個人年金保険や収入保障型の生命保険を遺族が受け取る際に、受取時に相続税がかかり、その後毎年、元本も含め年金全額に所得税が課税されてきました。 それが最高裁で二重課税であるという判決が出たことで、これからは相続税や贈与税で課税対象となった元本部分については� 自分で積み立てた個人年金でも、受給の際には税金が発生する。契約の方法によっては所得税以外にも贈与税を納める必要が出てくるので要注意だ。夫が契約した個人年金保険を妻が受け取る契約にしている人は、せっかくの老後資金が目減りするおそれがある。 個人年金の受取金は収入とみなされ、課税の対象です。ただし、所得税、住民税だけでなく、贈与税まで払わなくてはならないことも。個人年金の受取人が保険料負担者(契約者)本人か否かが、税金面にどう影響するのかを解説します。 平成22年の税制改正にて相続税法24条の改正があり、「年金受給権に関する権利(定期金に関する権利)の評価」が廃止されました。これにより生命保険を利用した相続税対策はどう変わるのでしょうか? 公的年金に対する不安が広まる昨今、個人年金に注目が集まっていますが、加入するにしても、被保険者や契約者が亡くなった後、どのような税金が課されるのかを知っておく必要があるでしょう。そこで、様々なパターンごとに課される税金をまとめました。 国税庁では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、申告所得税(及び復興特別所得税)、贈与税及び個人事業者の消費税(及び地方消費税)の申告期限・納付期限を、令和2年4月16日(木)まで延長することを公表していました。 個人年金保険は万が一の備えのほか、相続・贈与税対策にも使える商品です。たとえば、もともと親が契約した個人年金保険の契約者を、子供に変更した場合、かかる税金はどうなるのでしょうか?ここでは、個人年金の契約者変更に伴う、贈与税・所得税についてお話しします。