子供が二人いる共働き夫婦です。子供は夫の扶養として申告していましたが、先日夫の会社から「奥さんの方が年収が高いので、扶養を変更して」と言われました。また、「一年はん分くらい、返金が必要になるかも」と言われました。源泉徴収

第 3 号被保険者に該当した場合には、事業主または事業所が属する健保組合を通じて、年金事務所へ届け出ます。 近年、子どもを持っても夫婦ともに正社員として働く、共働き世帯も増えてきました。女性も男性と同等に働けるようになり、現在では妻のほうが年収が高い、というケースも発生しています。そんな時考えなければいけないのが子どもの扶養について。


被扶養者となる方が配偶者の場合( 20 歳以上 60 歳未満)は、国民年金の第 3 号被保険者となります。 (国民年金第 3 号被保険者の認定の基準は、健康保険の被扶養者と同様です。.

従業員が出産する(した)ときは以下の手続きを行います。 出産に関しては従業員より事前に申出があるものと思われますので、事前にお手続きのご準備を。 共働きの夫婦の場合、どちらが子供の扶養になるの? 被扶養家族が分娩したときは、家族出産育児一時金として、出生児1人につき390,000円が支給されます。 (産科医療補償制度に加入する医療機関等において出産したときは420,000円) 事実婚と子供とお役所 1994年の秋、相棒と一緒にくらしはじめました。 翌春、ままごとのような結婚式はしたものの、婚姻届を出していないので、世間的には事実婚(古い言葉では内縁)ということになります。2000年1月に事実婚のまま子供を産みました。 しかし健保に聞いてみたら出来ないといわれた、あるいは「健康保険被扶養者(異動)届」を提出したが健保に却下された、と言う場合には夫の方の国民健康保険にするしかありません。 引用元-OK Wave.