学説・判例研究 憲法法人の人権享有主体性一、問題の所在人権とは、人間の生まれながらの権利を意味するものであり、個人の権利として自然人を念頭に置いたものである。したがって、本来、法律によって人格を擬制されたにすぎない法人は、人権の享有主体たり

・ 八幡製鉄政治献金事件 ・ 南九州税理士会事件(南九州税理士会政治献金事件) ・ 群馬司法書士会事件 . リラックス法学部 >憲法判例>憲法判例 八幡製鉄政治献金事件の概要と判決の趣旨をわかりやすく解説 憲法判例 八幡製鉄政治献金事件 (最判昭和45年6月24日) 事件番号 昭和41(オ)444 ・・・

外国人とは、日本国籍を有しない者をいいますが、 外国人にも日本人と同様に人権の享有主体になるかどうか.

行政書士試験の憲法(人権の享有主体性) 前回の記事“ 行政書士試験の憲法(基本的人権の内容) ”では、人権の分類について書きました。 憲法の人権カタログに載っている人権は分類しやすいけれども、知る権利のような新しい人権は分類しにくいことを書いています。 民法における法人の権利 -憲法学との対話- 和 田 真 一 Ⅰ はじめに 1 憲法学での問題状況 法人をめぐる憲法学での重要な論点は、法人の人権享有主体性の問題である1)。 歴史的には基本的人権は自然人の権利として承認されてきたものであることは

外国人の人権.