執行猶予となったのですが,どのようなことに注意して生活すべきですか?刑事事件のq&aです。刑事事件の弁護なら弁護士法人アディーレ法律事務所にお任せください。突然逮捕されてしまった大切な人を守りたい方,逮捕・勾留・起訴・示談などの弁護士をお探しの方,今すぐお電話ください。 ただし,刑の一部執行猶予と区別するため,「刑の全部執行猶予」(条文上は「刑の全部の執行猶予」と呼ばれることになりました(改正刑法25条~27条)。 意義. 裁量的に執行猶予の言い渡しの取り消しができるのは次の場合である(刑の全部の執行猶予の裁量的取消しは刑法26条の2、刑の一部の執行猶予の裁量的取消しは刑法27条の5参照)。 猶予期間中に別の罪を犯して罰金刑に処せられたとき。 7人の弁護士がこの記事に回答しています 刑事事件で執行猶予の意味|前科がつく?期間は?取消されることもある?執行猶予の意味とは?執行猶予は前科となる?執行猶予が取り消しになることはある?刑事事件を数多くとりあつかった経験のある弁護士による監修のもとお届けします。 【この記事を読んでわかる事】 犯罪をした者の再犯防止、改善更生のための一部執行猶予制度とは? 刑事事件で一部執行猶予が適用されるための要件 一部執行猶予制度の注意点と課題 刑の一部の執行猶予制度は、どのような目的・理由で導入されたのでしょうか。 改正前までは,刑罰を科す場合は以下の2 …