3、日本の刑事裁判の有罪率が99.9%は本当か? 「日本の刑事裁判の有罪率は99.9%」と言われます。 これは、起訴されると、無罪を勝ち取ることが難しいということを伝えるための例えであって、当然、毎年必ず99.9%というわけではありません。 刑事事件や弁護士の情報を検索中の方へ。「刑事事件と民事事件ってどう違うの?」 「刑事事件と民事事件が同時進行することってあるの?」 このような疑問をお持ちの方はいませんか? 刑事事件と民事事件では、その意味するところも、手続きの流れもまったく違います。 もう少し正しい裁判をしてもらうきっかけにならないだろうか」。そう、裁判には検察が有罪の根拠となる客観的な証拠を出すべきで、それができていない以上は、たとえ疑わしい状況があっても無罪にするのが刑事司法の鉄則のはず。 近代以後の刑事手続の原則となっている無罪推定原則では、犯罪事実が認められない場合だけでなく、違法性阻却事由や責任阻却事由が存在する場合や真偽不明の場合にも無罪が言い渡される 。 <刑事で無罪、民事は敗訴の事例> 「疑わしきは罰せず」といわれて、刑事裁判では 厳しい証明が求められる。被告人を有罪とするには 疑問が残るという場合は無罪判決にならざるを得な という。

無罪推定原則. 同様の事例では、女子高生に痴漢を働いたとして12年2月に逮捕・起訴後、裁判で無罪が確定した水戸市の男性がいる。 男性は女子高生と両親に約470万円の損害賠償を求め13年7月に提訴したが、14年9月の東京地裁判決は「痴漢行為が認められる」とした。 再審(さいしん)とは、裁判で確定した判決(確定判決)について、一定の要件を満たす重大な理由がある場合に、再審理を行なうこと。. 「弁護士が選ぶ刑事弁護人」は、刑事弁護士が運営する刑事弁護専門サイトです。当サイトが紹介する弁護士が実際に取り扱った事件例を担当弁護人が解説しています。無罪等の成果をあげた事件例ばかりでなく、困難な事件に尽力した実績等を掲載しています。 民事裁判と刑事裁判の違いは当事者、和解の有無、判決内容にあります。特に刑事裁判は刑罰の内容を決めるのに対し、民事裁判では賠償金の支払い命令などが下されるという違いがあります。交通事故に遭い、訴訟を考えている方は弁護士への依頼をお勧めします。 刑事裁判で無罪だった被告が、同じ事件で民事裁判にかけられて有罪になる場合があります。一体どういう事でしょうか?ここでは刑事裁判と民事裁判の考え方についてご紹介します。 刑法第39条には『刑事責任能力のない人は処罰の対象外とする、または、処罰を軽減する』という記述がされています。刑法39条とは具体的にどういうものなかを具体的にわかりやすくお伝えします。