労働基準法に書いてあるように、休憩を時間を分割して与えることは禁じられていません。 そのため、9:00〜18:00が定時の会社員に対して、12時から20分、15時から20分、17時から20分であっても、拘束時間は9時間の休憩1時間となり、法的には大筋認められます。

皆さんは日々、きちんと休憩を取っていますか。長時間労働をする人は、休憩時間を必ず取らなくてはいけません。休憩時間は労働基準法で定められていますが、そこを守らない会社もあります。労働者にとって休憩時間とは、どのようなものなのでしょうか。 労働基準法上、労働時間が6時間を超える場合においては少くとも45分、8時間を超える場合においては少くとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならないとされており(労働基準法34条1項)、この休憩は原則として一斉に付与しなければならないとされています(同条2項)。 会社での昼休みにおける電話当番の例をフックにして労働基準法で定める休憩時間について説明しています。休憩時間中は、労働から完全に切り離されていることが条件となります。また、休憩時間の本質は、労働で蓄積した疲労を回復させるためです。