q8 賞与の支給基準に「支給日在籍要件」を設けることは可能か? q9 退職金の減額・不支給をめぐる問題; q10 労働基準法における「労働時間制度」の概要; q11 時間外・休日労働を命じるための要件は? 基本的に退職は自由. 退職金規程に基づき、所定支払期日に全額支払う必要があり、支払わない場合は、労働基準法に抵触することになります。 Q10: 会社を退職して4年になりますが、退職金はこれまで支給されておらず、請求もしていませんでした。 実は 労働者が自分の意思で辞めたいと思った時は、自由に退職する事が出来る ことになっています。 逆に会社が労働者を解雇する事に関してはかなり厳しい法律の規制がありますので、この点は労働者に有利と言えるかもしれません。 賞与などの臨時の賃金を制度として支給する場合には、就業規則にその支払いに関する規定をおく必要がある(労基法89条4号)。 2020年4月施行 同一労働同一賃金で変わる基本給・賞与・退職金 「パートタイム・有期雇用労働法」「改正労働者派遣法」の施行が2020年4月に迫る中、各社の人事担当者は人事・賃金制度や就業規則の見直しに追われている。(文・溝上憲文編集委員) xはyを退職した後の賞与については、支給日に在籍していなかったので、受給権を有しない。 3 解説 (1)賞与請求権の発生. 賞与などの臨時の賃金を制度として支給する場合には、就業規則にその支払いに関する規定をおく必要がある(労基法89条4号)。 5原則とは次のとおりです。 ・ 通貨払い ・ 直接払い ・ 全額払い ・ 毎月払い ・ 一定期日払い (労働基準法第24条) q2. ・退職金を正社員と同じだけ支給せよ これまで、時給だけではなく、交通費・賞与・退職金について正規社員との格差に問題意識を持っていらっしゃた方は多かったのではないかと思います。 この部分に対するドラスティックな改革と言えると思います。 賞与を支給日に在籍している者に対してのみ支給する旨のいわゆる賞与支給日在籍要件を定めた就業規則の規定は無効であり、支給日の直前に退職した労働者に賞与を支給しないことは、賃金全額払の原則を定めた労働基準法第24条第1項に違反するとするのが最高裁判所の判例である。

ボーナス(賞与)の知識.

賞与(ボーナス)が賃金として扱われる場合; 会社の裁量権; ボーナス(賞与)未払いの請求手順; パートやアルバイトへのボーナス支給について; スポンサーリンク ボーナス(賞与)の知識. 賃金について 賃金の知識(最低賃金、平均賃金の計算、年俸制) ボーナス(賞与)の知識. 実は 労働者が自分の意思で辞めたいと思った時は、自由に退職する事が出来る ことになっています。 逆に会社が労働者を解雇する事に関してはかなり厳しい法律の規制がありますので、この点は労働者に有利と言えるかもしれません。 労働基準法の個別解説 労働契約について 労働契約・条件 内定の取り消し 試用期間中の身分 損害賠償と身元保証 契約期間と終了. xはyを退職した後の賞与については、支給日に在籍していなかったので、受給権を有しない。 3 解説 (1)賞与請求権の発生. ボーナス(賞与)請求のための、労働基準法ダイジェスト . 労働基準法上で何日前までに退職の意思を申し出れば良いのかと悩んでいる人も多いです。正社員でもパートでも退職する権利はあります。労働基準法上では退職の意思を何日前までに申し出れば良いのか、企業では何日前までに申し出れば良いのかなどについてご紹介していきます。 図解わかる労働基準法 ボーナスには、� 賃金・退職金・賞与関係(q&a) q1.

あなたは労働基準法上の退職のルールをご存知ですか?実は、退職の法的なルールには労働基準法と民法による規定があり、法的なルールが就業規則より優先されます。会社が勝手に定めたルールは無効であることも。この記事では法的なルールを弁護士が解説します。

労働基準法第15条第1項には、「使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければならない。」と規定されています。明示すべき事項は労働基準法施行規則第5条第1項に規定されており、

会社には賞与の支給義務はありません。ただし後述しますが、賞与を支給するのであれば就業規則への記載義務が生じるという点は要注意です。 なお、賃金は、労働基準法第24条に基づき、以下の原則により支払わなければなりません。 基本的に退職は自由. 派遣法改正に伴う派遣労働者への同一労働同一賃金適用は、企業規模を問わず2020年4月からとなります。派遣労働者の待遇改善を考える上で、重要な要素となるのが「退職金制度の導入」です。労使協定方式を導入する場合、派遣労働者にも退職金制度を導入しなければなりません。 会社で経理を担当していますが、賃金の支払について5原則があると聞きました。それはどのようなものですか? a1.

賞与の不払い 労働問題についていくつか相談や通報されてしまうこともありますが、賞与の不払いといったケースでどこに通報されて会社は困ってしまうかについて紹介しておきます。 もともと賞与というのは労働基準法その … 育児休業期間の賞与 育児介護休業法に沿って休業を行えば 賃金の支給 賞与の支給 退職金の支給算定期間に入るのかどうか? といったことは不安になることは多いと思います。 このような …