スマホでの医療費控除の申請手順. 必要事項をすべて入力したら、医療費控除を受けるための必要書類「確定申告書a」「医療費控除の明細書」の2つが作成できます。 ④書類を印刷.

医療費控除の明細書に書ききれなかった時の対処法を分かりやすく紹介しています。手書き派とエクセル派それぞれが簡単に作れるフォーマットあり!医療費や交通費などが多くかかった年は確定申告で税金を取り戻しましょう! スマホで作成した医療費控除のための必要書類は、アプリを使えば簡単にプリントアウトすることができます。 まずはスマホでこちらの「確定申告書等作成コーナー」のサイトに行って、「作成開始」を押します。 ご利用の前に. 医療費控除を受ける場合には、医療費の領収証を用意します。 2017年以降、医療費については領収証の確定申告書への添付は不要になっていますが、確定申告書と一緒に提出する医療費控除の明細書へ記入する際に必要です。 尚、「医療費控除の明細書」の書き方等については、下記の記事で詳細に解説しているので、参考にしてください。 医療費控除の確定申告書の書き方【第二表・医療費控除の明細書】 3、医療費通知(「医療費のお知らせ」など)を利用して入力する 申告内容に関する質問があるので回答していきます。

医療費控除を受けるためには「医療費の明細書」という書類の添付が必要になります。 明細書もスマホで作成するという場合は1番上を選択します。 特にこだわりがない限りは1番上で問題ありません。

平成29年分の医療費控除より、医療費の領収書の添付が不要になります。また、「医療費のお知らせ」を利用できるようになり、明細書の記入が少し楽になります。どのように変わったのか、確認していき …

2019年(2020年3月期申告)より、スマホで確定申告できるパターンが大幅拡充されました。医療費控除についてももちろんスマホで確定申告の提出が可能に。作成前の事前準備から申告書の送信まで、時系列で解説しています。詳細はコチラで。 医療費控除やふるさと納税は、副業を行っていないサラリーマンでも確定申告を行うことが多い内容です。 医療費控除とふるさと納税に対しては、平成30年分からスマートフォン版の確定申告書等作成コーナーでできるようになりました。