医道審議会の直近の動向をみると、 処分内容の決定から2週間後に発効 されていました。 では、どのタイミングで医道審議会の審議対象になると思いますか? 医道審議会自体は、 3月と9月頃に開催されることが最近は多い です。 歯科医師の免許取消しや歯科医業停止は、医道審議会の答申を踏まえ、厚生労働大臣が行います。交通事故等で行政処分を控えている先生方は、医道審議会の流れや対応について知っておく必要があります。今回は、医道審議会の流れと対応について説明しています。 医道審議会医師分科会(シームレスな医師養成に向けた共用試験の公的化といわゆるStudent Doctorの法的位置づけについて)は持ち回りにて開催されました。 資料 医道審議会(いどうしんぎかい)は、日本の厚生労働省の審議会等の一つ。 厚生労働省設置法第6条第1項に基づき設置され、その細目は同法第10条及び医道審議会令(政令) に定められる。
2019-11-20 医道審議会医師分科会 西岡補佐 それでは、定刻になりましたので、ただいまから「医道審議会 医師分科会」 を開催いたします。 本日、先生方には、御多忙のところ、御出席を賜り、まことにありがとうございます。 医道審議会に対する 半年以内 報告書・上申書作成 (※医道審議会は通例年2回開催) (医師法7条4項) (医師法7条16項) (医師法7条11項) 主宰者の指名(医師法7条6項による行政手続法19条準用)