浅草十二階の下の一帯は銘酒屋街となっており、実際としては私娼窟と化していた。それで浅草で「十二階下の女」と言うと娼婦の隠語を意味した。 1923年9月1日に発生した関東大震災により、建物の8階部分より上が崩壊(火災も発生)。 「私娼窟」の用例・例文集 - 玉の井私娼窟本年正月頃三十軒ばかりなりしが、今は百軒以上となれり。 彼等もまた、この私娼窟に寄生して生活してゐる寄生蟲であるからだ。 そして、遂に墨東、亀戸辺の私娼窟に出入することを書いたものである。 「の私娼窟」の用例・例文集 - そして、遂に墨東、亀戸辺の私娼窟に出入することを書いたものである。 部隊長の裁量で周辺の私娼窟から女性を調達し、兵士達に補給した。 玉の井や亀戸などの私娼窟の発達も、こうした現象と軌を一にしているのである。 玉の井の起源. 玉の井の起源については、永井荷風の『濹東綺譚』によれば、1918年(大正7年) - 1919年(大正8年)のころ、浅草観音堂裏に言問通りが開かれるに際して、その近辺にあった銘酒屋等がこの地へ移ってきたのが始まり。 この当時、この地は東京市外であった。

いわゆる私娼窟ですね。 この写真は北向きですから、その北西方面に、吉原(千束町)がある。 観音様の西北から、十二階裏手、吉原にかけてのグレイ・ゾーンが風俗関係。 つまり、お茶屋とか、芸人の小屋とか、居酒屋とか、娘芝居とかいった店の裏では、 そういうことをやっている。…� その日はついにやってきた。そんな言葉が相応しかった。東京一の公娼街が吉原なら、私娼街で不動の地位を築いていたのが玉の井であった。現在で言う墨田区墨田にあったその赤線跡に、間もなく夏も盛りを迎える7月のある日、ようやく足を踏み入れるに至った。